Masayo Ave biography
デザインとは、
複合的で豊かな感覚体験を、暮らしの中に創造すること。
                    ―阿部雅世

BIOGRAPHY|略歴

阿部雅世 | Masayo Ave

MasayoAve creation|SXD.Lab(感覚体験デザイン研究所)代表 

 

1962年東京生まれ。法政大学工学部建築学科卒。イタリア・ドムスアカデミー工業デザイン科マスター修了後、欧州を拠点に、感覚体験をベースにした、国際的なデザイン活動に従事し、ICFFエディターズアワード2001、Architecture & Wohnen Mentor Award 2006 他、建築、デザイン、素材研究、デザイン教育などの幅広い分野で国際デザイン賞を受賞。

 

2000年より、感覚体験を軸にした分野横断型の新しいデザイン教育プログラムの開発を始め、ベルリン芸術大学、エストニア国立芸術大学、ベルリンヴァイセンゼー芸術大学、ベルリン国際応用科学大学で教授職を歴任。日本においては、2009年より、法政大学デザイン工学部建築学科の夏季集中講座を、兼任講師として担当している。世界各地の大学で、感覚体験デザインのマスタークラスを展開するほか、プロや教員のためのマスタークラス、子どもや青少年のためのデザインワークショップを、各地のデザインセンターやデザイン美術館と協力して行っている。2019年4月より、音声メディアVoicyで「百科的デザイン教養講座」を配信中。

2004年より、国際デザイン賞 Red dot design award 審査員、2019年より、Red dot network アンバサダー。

 

著書に、原研哉との対談集「なぜデザインなのか。」(平凡社)、訳書にブルーノ・ムナーリの著書「ムナーリのことば」「正方形」「円形」「三角形」(平凡社)、「空想旅行」「点と線のひみつ」(トランスビュー)の他、「ニーマイヤー104歳の最終講義」(平凡社)がある。ベルリン在住。

​デザインとは何か
​阿部雅世
デザインの本質は、日々の暮らしの中の発見のプロセスにあり、また、感覚の体験を積み重ねることにある。
デザインは、身のまわりの小さな不思議を発見し、日常の暮らしの中に散りばめられている、形や色や構造、手触りやにおいや音と、それらの相互的な関係を、感覚的に、科学的に知覚することからはじまる。
デザインを知るということは、自らの暮らしの環境を多角的に洞察し、評価できる力を持つことであり、デザインを学ぶということは、科学、人文学、芸術のすべての領域に、好奇心と感性と空想の翼を広げ、それを暮らしの創造につなげる力を持つことである。
そしてそれは、自らの意思で暮らしを創造し、暮らしを楽しむための力として、現代社会の生活者である誰もが等しく、願わくば、子どものころから鍛えておきたい力である。